リフォームメニュー

お問い合わせはこちら

リフォームメニュー

塗装や張り替え工事

外壁工事

このような症状出ていませんか?

チョーキング

触ると手に白い粉がつくような現象

チョーキングが発生するのは塗膜が劣化しているということ。塗料によってはチョーキングが起きやすい塗料もあるのでご注意を!

外壁のひび割れ

外壁にひびが入っている状態

外壁はひび割れが発生しやすく、少しの亀裂からでも水が侵入して、建物の劣化を促進させてしまいます。

目地のひび割れ

雨漏りの原因で一番多い問題です

目地は建物の隙間を埋める材料で、耐久年数が10年程です。

放置してしまう方が多く、劣化すると雨水が浸入してしまいます。

築年数が浅くても外壁の劣化が起きているケースがたくさんある

外壁の劣化と築年数は関係ない

外壁は、日々の自然環境にさらされており、劣化や損傷を受けやすい部分です。

そのため、「うちはまだ建ててからそんなに経ってないし」と思っていても、

実は問題があったということはよくあります。

これらの問題を放置すると、外壁の張り替えまでしないといけないことになり金額が全然違ってきます

当社では、そういったことを減らすために、お客様に定期的な点検をおすすめしております。

点検では、外壁の状態を専門的な目でチェックし、必要に応じてアドバイスや見積もりを行います。

点検は無料で行っておりますので、お気軽にお申し込みください。


塗装や張り替え工事

屋根工事

最後に点検をしたのはいつですか?

ずっと放置をしていると以下の状態になっているかも

色褪せ

紫外線で塗料が破壊されている状態

苔・カビ

塗膜が薄くなっていると苔が生えやすくなります

剥離

屋根に剥離が発生している状態

屋根の割れ

屋根の中へ水が浸入している状態

屋根は家の中で最も高く、ダメージを受けやすいところ

自分では見えないからこそ定期点検を!

隣の家から自宅の屋根が見えればいいですが、そんなお宅はほとんどありませんよね。

ドローンや延ばし棒つきのカメラでも持っていれば、ご自身で点検も可能ですが

お忙しい中、せっかく時間を作るなら、プロにおまかせしてみませんか?

正確に診断して、今あなたの家に必要な処置をお伝えいたします。


水回りの防水工事・浴槽工事など

漏水・雨漏り調査

このような症状出ていませんか?

水回りの床がきしんでいる

台所や脱衣所、洗面台などの水回りの床から軋んだ音がしたら、

水が滲みて柔らかくなっているかもしれません。

ただの床鳴りかと放置しておくと深刻な被害になる恐れも!

床に水のシミがある

表面に水が滲み出している状態は非常に危険です。

内部の構造体にまで浸水している場合があります。

ベランダにひび割れがある

ベランダにひび割れがあると、隙間から家の中に浸水して

1階の天井から雨漏りすることがあります。

浴槽工事

在来工法の浴室

頻繁にお問合せがあるのが、在来工法の浴室。

タイルで組んである浴室は水漏れする確率が高い上、

昔の施工なので、いま使っているおうちは一度点検してもらった方が良いです。

目地が切れていたらすでに水漏れしているかもしれません!

ユニットバス

在来工法に比べ、水漏れの確率は低いですが、

ひび割れや、つなぎ目が割れていたら水漏れしているかもしれません。

水回りは恐ろしい

1つでも当てはまったら点検を!

おかしいなと思ったら、被害の拡大を防ぐためにもまずは点検をおススメします。

杞憂で終わればそれで良し、原因がわかればそれも良し。

調査から修復工事まで、お客様のご要望に合わせてご提案させて頂き、水回りの問題を一緒に解決していきましょう。


キッチンや洗面所など

室内工事

キッチンのリフォーム

レンジフードや扉の色などご要望にお応えします

毎日の食を支えているキッチンは、使う人にとって気持ちのいい空間であってほしいものです。

キッチンやシンクのデザイン、使い勝手を良くしたいなど、些細なことでも構いませんので、

お気軽に私たちにご連絡ください。

ご予算とご要望、今後の計画をお伺いし、最善のリフォームプランをご提示致します。

洗面所のリフォーム

クロス張り替えや照明を変えると雰囲気が大きく変わります。

洗面所のリフォームをしたときのビフォーアフターです。

クロスを変えると洗面所の雰囲気もガラッと変わり、さらに木目調の

鏡や洗面台を配置することで、空間に温もりを与えました。

ご予算やご希望に合わせてこのようにカスタマイズすることが可能ですので、

ぜひお気軽にいつでもお声がけください。

ドアノブ交換

最近ドアノブの調子が悪い..

ドアノブは、お住まいのセキュリティやデザインに影響する重要な部分です。

しかし、使い過ぎや経年劣化によって、気が付くと、ドアノブがガチャガチャうるさかったり外れてしまったり、

思うように動かなくなったりしていませんか?

そんなときは、ドアノブの修理や交換を検討することをおすすめします。

担当者がドアノブの状態を確認し、お客様のご予算やご希望に応じて最適な方法をご提案いたします。


基礎のクラック修復

基礎工事

基礎補強工事

基礎は、建物の土台となる部分であり、建物の安全性や耐久性に大きく関わります

基礎に構造クラック(幅0.3mm、深さ5mm)という亀裂が入っていると注意が必要です。

構造クラックは、建物の構造に問題があったり、地盤が不安定だったり、気温の寒暖差によって建物が歪んだりすることで発生します。

これを放置すると、外壁に雨水が浸透して腐食を促進したり、基礎の耐久力が低下して建物が倒壊するリスクが上がってしまいます。

これらの対応策の一つとして基礎補強という方法があります。

基礎補強とは、基礎の亀裂に特殊な樹脂を注入し、アラミド繊維を練り込むことにより、基礎の強度を回復させる方法です。

詳しくは現場を見ての判断になりますので、基礎に亀裂が入っている場合はぜひお問い合わせください

クラック補修

アラミド繊維

完成

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。